飲んだ、治った、効いたは雨乞いと同じ

「〇〇を飲んだら〇〇に効いた…」

 「〇〇をやったら健康になった…」


 
 テレビや広告でよく体験者のコメントとして耳にするフレーズですが、


はたして〇〇が誰かに効いたといった体験談は全ての人に有効な情報なのでしょうか?



 残念ながらこのようなテレビの広告や、効果があった人の経験を聞いただけでは、エビデンス(科学的根拠)に乏しいと言えます。


      
 

皆さんは「雨乞い」の効果を信じますか? 

  
⚫︎雨乞いをした 

⚫︎雨が降った 

⚫︎ゆえに雨乞いが効いた 


 フレーズの最後にくる3つの「た」から、このような例を「3た論法」と呼びます。 



  雨乞いをしたから雨が降ったの? 


 雨乞いをしなければ雨は降らなかったの? 



 本当の雨乞いの効果は誰にも分かりません。 



 ただ、 


雨乞いは、雨が降ってくるまで続きますから、根気よくやり続けていればいつかは雨が降ってきます。 


 雨乞いと雨が降るタイミングとがうまく合えば効果があったようにも見えますが、これでは科学的根拠には欠けると言えます。 
  



 では、これを薬に当てはめてみましょう。 


⚫︎薬を飲んだ 

⚫︎風邪が治った 

⚫︎ゆえに薬が効いた 


となります。 


  
雨乞いとは違って、これをお医者さんや親しい友人などに言われれば信じてしまいそうですが、 

  

これも雨乞いと同じ「3た論法」であり、「本当に薬が効いたのか、自然治癒なのか、プラシーボ効果」なのかが分かりません。 



  一人を対象に観察していても本当に薬が効いたかどうかは証明できないのです。 



 その薬が本当に効いたのかを確かめるためには、「それを飲まなかった時はどうなのか?」を調べなければいけません。(雨乞いをしなかったらどうなったのか) 


 比較対象試験が行われていなければ、それはエビデンスレベルの低い情報となります。 




 対象となる薬を飲んだ群と 

 薬効のない偽物の薬を飲んだ群 


 とを比較して、本当に薬が効いたのか、薬と信じて飲んだから治ったのではないか(プラシーボ効果)を確かめる必要があります。 



 薬が効いたと証明するには、薬効のない薬を飲んだ群よりも良い治療成績でなければなりません。 




  偽薬を飲んだ群の治療成績を上回って初めて、「エビデンス」がある薬と言えるのです。 


  


 その情報が正しいかそうでないかを見極めるには、その情報にエビデンスがあるかどうかを尋ねる事が重要です。 




 例えば、グルコサミンやコンドロイチンを飲んで膝の痛みが楽になる人はいますが、 


両者が膝関節痛に有効だというエビデンスは存在しません。 


  
 もし効く人がいるのであれば、それは「プラシーボ効果」かもしれません。 


 プラシーボ効果も「治療効果」の一つと言えますが、グルコサミンやコンドロイチンが痛みを回復させるというエビデンスではないのです。 



                      飲んだ、治った、効いたは要注意




 腰部コルセットについて分かってることは、 


⚫︎腰部コルセットが腰痛治療や予防にならないといったエビデンスがあります。 

⚫︎腰部コルセットを長期使用しても筋力は低下しないというエビデンスもあります。 



  このようにエビデンスレベルの高い項目が、欧米の腰痛ガイドラインには記載されています。 



 マスコミ、インターネット、治療者の個人的経験、患者の体験談や評判、権威者による教科書、長年の慣習や常識、動物実験の結果などを鵜呑みにすると(ヘルスリテラシーが低いと)、健康状態の悪化や医療費の高騰につながると言われています。(Editorial,Lancet,2009) 





 あおふじ整骨院では、スポーツ交通事故によって発生した慢性痛の治療も得意としています。 



当院では、


 施術は院長が行います。

予約優先制となっております。

 交通事故のトラブル等には法律事務所をご紹介します。


 当院と協力関係にある「泉総合法律事務所」はこちらから 

                  ➡️    泉総合法律事務所



 ブログを見た‥とお電話下さい。

 電話 049-236-3800


                                   Amebaブログ   

                                     エキテン


  ブログトップ  ➡️  あおふじブログ