人間の本能でもある「急ぎの心理」と交通事故

 
 車の運転中渋滞に巻き込まれた、踏切がなかなか開かないなどが原因で、少しでも早く先に進みたい気持ちが生まれ余裕のない運転をしてしまったことはありませんか?

 人間にはもともと「他人より先に行きたい」という本能的欲求があり、日本人は諸外国に比べてその心理が強いようです。

 信号待ちで青になる前にフライングして発車した秒数を観察すると、日本は諸外国に比べてフライング気味で、中でも大阪は群を抜いているようです。

急ぎの心理が強いと

 予定より出発が遅れたり渋滞に巻き込まれたりすると「急ぎの心理」が強くなります。

 そんな時に、一時停止を怠ったり車間距離を詰めすぎてしまって交通事故の要因となることがあります。


急ぎの心理になるきっかけ

 当初の予定が狂った、道を間違えたなど、様々なケースがきっかけで急ぎの心理になることがあります。


 ・ 前の車がノロノロ運転している

 ・ 後ろの車が車間距離を詰めてきた

 ・ なかなか開かない踏切がある

 ・ 同乗者の目が気になる


 など、もともとの急ぎの心理に加えて様々な要因が影響を与えます。


交通事故を防ぐために

 急ぎの心理によって、危険な運転が日常化してしまうことがあります。

 ・荒っぽい運転になる

 ・ すぐにクラクションを鳴らす

 ・ 信号無視

 ・ 車線変更が頻繁になる


 などと他にもありますが、「交通違反ではないけど乱暴な運転」になりがちです。
 それに、交通マナーが悪い人は交通事故の確率が高いとのデータもありますので注意が必要です。

 また、すぐにカットなりやすい性格の人は上記にあげたような乱暴な運転になりやすく、このような時は情緒不安定となり、必要な情報を見逃したり判断を誤りやすくなります。


 渋滞にあったりして予定通りにいかなかったとしても、運転中は平常心を保ち交通ルールを守る事が大切であり事故防止にもつながります。

参考文献(交通事故学  石田 敏郎著)

 

              ブログトップ  ➡️  あおふじブログ



    ホームページトップ  ➡️       はじめての方


   院長のプロフィール   ➡️    プロフィール



             院内のご案内    ➡️     院内の様子

  
 あおふじ整骨院は交通事故治療に重点対応
       交通事故のページ    ➡️     交通事故治療


            診療時間、料金、駐車場のご案内   

                                      ⬇️
                              ご利用案内


               ご質問やご予約のご相談
  
                                  ⬇️
                             お問合せ




 症状別のページ    ➡️    よく来院される症状  


 
 交通事故のトラブル等には法律事務所をご紹介します。

 当院と協力関係にある「泉総合法律事務所」はこちらから 
                  ➡️    泉総合法律事務所


 ブログを見た‥とお電話下さい。

 電話 049-236-3800


                                   Amebaブログ   

                                     エキテン