腰椎分離症でお悩みの小学生

 小学生6年生男子、少年野球をやっているそうです。

 1か月前に腰椎分離症と診断され、腹筋や背筋をつけるしかないと言われたそうです。

 
 いろいろな治療院にいってみましたが改善しないため、当院に来院されました。


 腰椎分離症は10歳代から発症すると言われていて、スポーツなどで腰にストレスが加わり腰椎の後方に亀裂が入って起こります。


 主な症状は、腰痛や下肢痛、シビレなどですが、上体を後ろにそらした時にその症状は強くなります。


 上記の説明は、医学書や教科書に書かれてある腰椎分離症の特徴で、私も学生時代にこの様に教わりました。


 ですが、新たな研究に目を向けてみると、画像検査で見つかる腰の異常と痛みとはあまり関係がないことが分かってきています。


 検査をすれば腰痛があってもなくても同じような割合で分離症が見つかることが立証されています。




 今回のケースを見てみると、痛みがある部位は〝左股関節の前面〝と〝左膝の上下〝です。


 ちょうど「大腿直筋」というももの筋肉の走行と一致しています。



 画像検査を無しに考えれば、腿の筋肉が硬くなって痛みが出ていると考えた方が自然です。



また、 分離症があると後屈でいたみが増すという特徴があります。



 腰の動きを見たところ、前屈と、左側屈時に左股関節前面への痛みと可動域制限がありました。

 後屈は問題なくできています。


 神経の働きを改善させるために、アクティベータテクニックを施しました。

 
 施術後は、全身の緊張が取れて下肢の力がしっかりと入るようになりました


 前屈の痛みは少し残っていますが、可動域はかなり改善されています。左側屈時の痛みはなくなりました。



 画像検査で見つかる骨の異常と生じている痛みは、必ずしも関連しているとは言えません。


 このまま痛みが少なくなっていけば良いと思います。