腰椎分離症でお悩みの小学生その後のアキレス腱痛

 腰椎分離症で治療中の小学6年生男子。


 3回目の来院になりました。


 前回残っていた症状は、

  • 前屈時の痛み
  • 長座位ができない

 でした。


 今回具合を聞くと、「両足のアキレス腱が痛い」との事。


 股関節の痛みは良くなり、前屈、長座位とも出来るようになりました。


 野球の練習もできているそうなので、一安心です。



 そして、新たに生じた症状、〝アキレス腱の痛み〝です。


 アキレス腱の下3分の1のところに圧痛(押さえた痛み)があり、つま先で荷重した時にも痛みが出ます。



 検査をすると、両方のふくらはぎの筋肉が異常に緊張し、右足関節の底屈力が低下していました。



 アクティベータで全身の神経バランスを整え再び検査をすると、



 筋肉の緊張は緩和して、右足関節の筋力も改善しました。



 立ってつま先荷重をしてもらうと、右アキレス腱の痛みはなくなりました。



 左アキレス腱の痛みはまだありますが、軽減しています。



 左右とも圧痛はまだ残っていますが、アクティベータは炎症を早く鎮める効果もあるので、次回までに改善されていることを期待します。