神経系の流れが低下しているケース

神経の働きが低下すると…

 身体を支えている筋肉や関節を安定させている靭帯は神経によってコントロールされています。


「 筋肉や靭帯が縮んでいる」、「伸ばされている」といった情報は神経によって脳に伝えられます。

 脳からは筋肉や靭帯の状態を正常に保つための指令が送られ、組織が痛まないようコントロールしています。


 

 神経が働きを低下させて情報をうまく伝えないと、脳は不正確な情報をもとに指令を送るため、身体はバランスを失い不安定な状態となります。


 損傷を受けやすく不安定な身体は、十分なウォーミングアップをしていても、通常なら何でもない動きで痛んでしまうかもしれません。


 

 
 首や腰などの関節が痛んだり、自律神経の乱れから胃腸の調子も悪くなったりします。
 
 自律神経症状とは…
(不眠、涙目、眼精疲労、口の渇き、のどの違和感、めまい、ふらつき、耳鳴り、動悸、食欲不振、胃もたれ、便秘と下痢を繰り返すなど)
 
 自律神経症状について詳しくはこちらのぺージをご覧下さい。  自律神経症状  〉
 
 

自然治癒力を向上させます


  働きを低下させている部位を見つけ出してその部位を活性化させる事が当院で行う施術の目的です。

  

  ① 働きを取り戻した神経は、再び脳に正確な情報を与えて脳からの指令も正確に伝えます。

  

  ② その結果バランスは改善され、損傷部位は驚くべき人間の治癒能力で改善されていきます。

  

  ③ 切り傷がふさがるように時間をかけ精密に修復してくれます。



 脳と身体の情報のやり取りがうまくいく事で身体が自由に動くようになり、その結果痛みや不調が回復していきます。

 安静にして痛みが治まるのを待っているだけでは、いつまでたっても元気に動く事ができません。


 

なぜ神経の働きが低下するのでしょう?


  神経は、スポーツなどによる外からのストレスや体調などによる内からのストレスにより、働きを落としやすいという欠点があります。


 急に痛みが出現する場合でも、痛める前から神経の流れが悪くなっているところがあり、身体の情報が脳に伝わりにくく、脳の指令も身体にうまく伝わらない状態になっています。

 

 このような状態では身体が不安定となり、普段の生活を送っているだけでも「損傷」という事態に陥りやすいのです。


 また痛めた場所も神経の流れが悪いと組織の修復が遅れてしまいます。


 残念ながらシップや固定で神経の流れが正常になることはありません。

 


 あおふじ整骨院では、人間が本来持っている反射を利用して神経のブロック箇所をつきとめ、神経の流れを改善させる振動数を持ったアクティベータ器で振動を与え、神経の流れを活性化させます。


 その結果身体は自由に動けるようになり、痛みや不調もなくなってきます。


 (  アクティベータ・ネットワーク・ジャパン HP参照)


    

アクティベータカイロとは


 アクティベータメソッドでは、足の長さの変化を診て神経からの命令が各関節にしっかりと伝わっているのかを確かめます。

 
 神経学的エラーのない正常な関節を動かしても、筋肉は一時的な収縮のあと順応してリラックスしますが、神経の命令が良く伝わっていない関節を動かすと、身体の防衛反応としてふくらはぎの筋反応が増幅し、かかとの位置が変化します。
 
 
 このような、「神経学的な異常」を見つけて必要なところにだけ振動を与えます。そうすると筋肉も元気に働くようになって、関節や骨盤の骨も正しい位置に落ち着き、痛みやその他の不調も楽になります。
 アクティベータカイロについて詳しくは知りたい方は、こちらのぺージをご覧下さい。

  

分からない事があれば、お電話、メール等でお問い合わせ下さい。


(ホームページを見たとご連絡ください) 


                      Tel 049-236-3800

                    

                      無料メール相談

                                ⬇︎

    お問い合わせのページから送信頂くとスムーズです。

            (aofujiseikotsuin@gmail.com)




                   慢性症状へ戻る



        トップページ      ➡️    はじめての方



院長のプロフィール   ➡️    プロフィール



         院内のご案内    ➡️     院内の様子


  交通事故のページ    ➡️     交通事故治療


     診療時間、料金、駐車場のご案内   

                                  ⬇️
                           ご利用案内


               ご質問やご予約のご相談

                                  ⬇️
                             お問合せ




      院長のブログ   ➡️    あおふじブログ


 症状別のページ    ➡️    よく来院される症状