検査では異常がないのに痛い

痛みの原因の多くはレントゲンやMRIには写りません

 交通事故によるケガで痛みがある時、整形外科に行きレントゲンやMRIで検査を受けます。
この時、「骨には異常がありません」とシップを渡されて、あまり治療がされないケースがあります。

 
 痛いのは確かなのに、画像検査では異常なしなんてことがあるのでしょうか?


 実はレントゲンやMRIといった検査で分かるのは、骨折や筋肉、腱といった組織の大きな損傷に限られ、むち打ちや軽い肉離れによって生じた痛みの原因は、こういった検査では分かりません


むち打ち症もレントゲンには写りません

 たとえば、追突事故などの際に多く発生するむち打ち症ですが、レントゲンやMRIで検査をしても、特に異常が認められないことがほとんどです。


 事故の衝撃によって頭部が前後に激しく揺さぶられた際に、頚椎を支え安定させている組織が痛みます。

 これは、画像に写らない程の小さな損傷なのですが、激しい痛みや頭痛、シビレといった辛い症状が発生することもあります。


 痛みの程度は本人にしか分からず、辛い症状に長期間悩まされることもあります。

 しかし、回復の程度を画像等で確かめることができないため、一般的には3ヶ月程度で治療を打ち切られてしまうこともあります。

 痛みを残して辛い状態が続くことのないように、適切な治療を受けしっかり治すことが大切です。


異常がなく痛みが長引くケースも

 むち打ちも、交通事故以外のケガと同じように一定期間で良くなるものです。

 しかしながら、痛みが長引き慢性化してしまうケースは珍しくありません。


 痛みが生じる原因は様々で、筋肉の緊張、血流の低下の他に、自律神経の乱れなどがあります。


 交通事故の被害を受けたショックや、周囲の理解が得られないなどのストレスが、痛みを強くすることもあります。


 症状を残したまま我慢していると、慢性化して辛い状態がずっと続くことにもなりかねません。


 早期に最適な治療を受け、しっかりと改善させることが大切です。