病院と同時に通えます

病院と整骨院、それぞれに良いところがあります

 
交通事故によるケガの治療を、自賠責保険を利用して受ける時には、病院に通院しながら整骨院に通うことができます。

 保険の担当者や、整形外科の先生によっては整骨院に通うことに否定的なこともありますが、患者さんの味方になってくれる治療院を自分で決めることが大切です。


 病院と整骨院、どちらにもそれぞれ通院するメリットがありますので、両方をうまく利用することをお勧めします。

病院のメリット

○ 画像診断による確定診断ができます

○ 痛みどめや湿布を処方してもらえます

 病院で診断をうけ診断書を出してもらえば、仮に痛みが長引き長期の治療が必要になっても、自賠責保険を継続しやすくなります。

 普段は整骨院で施術を受け、月に1〜2回病院で診てもらうのがお勧めの通い方です。


整骨院のメリット

 整骨院で施術を受けることによって、筋肉の緊張をやわらげ血流を改善させることによって、病院だけでは長引いてしまうような症状の軽減を期待できます。


 頭痛、痛み、シビレなどの症状が強くても、いつも混み合う病院では頻繁に通院するのが難しい場合があります。

 当院は事前に予約していただければ、ほとんど待ち時間はありません。


治療期間を有効に使いましょう

 交通事故の保険を利用して、治療費やその他の補償を受けることが出来る期間は限られています。


 その間に、適切な治療を受け症状をしっかりと回復させることが大切です。


 そのためには、病院、整骨院をうまく選択して、適切な治療を受けることが必要です。