兄の腰痛

腰のMRIを撮ってから

皆さんこんにちは。


先日、2歳上の兄が来ました。


腰が痛いから何とかして欲しいとの事。


症状は…

痛みで体を後ろに反らせない

左右に倒すと痛い

左殿部から足にかけてのしびれ感

左右足の筋力低下(大腿四頭筋)



心配なので、病院でMRIをとったらしく、


「椎間板が潰れてるけど、手術する程ではない」


と言われたそうです。


「椎間板が潰れてる」
「手術」


こう言った言葉で不安を感じると、脳のペインマトリックス(脳の痛みに関連する領域)

が活性化して、痛みが出現します。(症状の悪化、慢性化)


やはり足のしびれに関しては、MRIを撮った後から徐々にでてきたようです。


MRIを撮る前にここに来ていたら、きっとしびれは出ていなかったでしょう。
(MRIを見たからペインマトリックスが活性化したと思われます)


全身を調整後、後屈制限はなくなり、


足の筋力も戻っていました。


後は、痛みの原因が椎間板ではない事、


痛みを避けて生活の動きを制限しない事を伝えました。


安静にしすぎると、この様な悪循環になります。  


認知と行動



欧米では、重大病変の可能性があるとき以外は、慢性腰痛で画像診断は行いません。
腰痛の患者に安静は勧めません。


治療家は、適切な情報を与えて患者を安心させましょう。



長引く腰痛でお悩みであればこちらをクリック ➡️  腰痛の方



 あおふじ整骨院では、スポーツ交通事故によって発生した慢性痛の治療も得意としています。 



当院では、

 施術は院長が行います。
予約優先制となっております。
 交通事故のトラブル等には法律事務所をご紹介します。

 当院と協力関係にある「泉総合法律事務所」はこちらから 
                  ➡️    泉総合法律事務所


 ブログを見た‥とお電話下さい。

 電話 049-236-3800


                                   Amebaブログ   

                                     エキテン


   ブログトップ  ➡️  あおふじブログ