腰痛

ぎっくり腰と長引く腰痛は別もの、治療法も異なります

 日本国内で腰痛に悩まされている方は年々増加しています。

 特に慢性腰痛に悩まされている方は多く、病院や治療院にずっと通院しているのにもかかわらず改善されないケースがほとんどです。

 痛みや痺れが長引く本当の理由を理解していなければ、本来回復するはずの症状であっても解消されません。


 私が特に重視しているのは神経の緊張と脳の機能異常です。

 新たな研究によって、これまであたりまえとされていた腰痛に関する常識は非常識となってきています。
 そして、このことに気づいている治療家が非常に少ないのも事実です。


 もしどこに行っても解消されない痛みやシビレでお悩みであれば、当院にお任せ下さい。


腰痛の原因について、私の著書でも詳しく解説しています。

あなたは腰痛が発生する原因を知っていますか?

骨? 関節? 筋肉?

 腰痛になって病院に行くと、必ずと言っていいほどレントゲン撮影をして原因らしきところを探します。


《レントゲンの検査で言われる事》
 ・椎間板が潰れています(ヘルニアになりかかっています)
 ・分離症、すべり症があります
 ・骨にトゲができています
 ・背骨が曲がっています
    
                                          など…
《MRIの検査で言われる事》
 ・椎間板ヘルニアです
 ・脊柱管狭窄症です
 ・神経が圧迫されています
                                           など…

《整骨院、整体で言われる事》
 ・骨盤がゆがんでいます
 ・姿勢が悪い
 ・太りすぎ
                                             など…

 実は、全腰痛の85%以上は原因を特定できない「非特異的腰痛」であり、多くの場合レントゲンやMRIなどで画像検査をしても痛みが生じている原因は分かりません。

 また、姿勢、体型、骨格などが腰痛に関係しているといったエビデンス(根拠)もありません。


椎間板ヘルニアや骨の変性などが原因ではないと考えられる根拠


強い症状を訴える椎間板ヘルニア患者46名と、腰痛のない健康な人46名の腰部椎間板をMRI撮影し比較したところ、健康な人76%椎間板ヘルニア椎間板変性85%に見つかった。(Boos N.et al.Spine1995)

 
この事実は、「腰痛の人」も「腰痛のない人」も誰にでも同じように椎間板異常が存在し、MRIなどの画像検査をすれば腰に痛みのない8割以上の人が異常ありと診断されるということです。

詳しくみる  →  椎間板ヘルニア


身体のゆがみが原因ではないと考えられる根拠


 自分の身体が左右非対称であることを残念に思う必要はありません。解剖学的に人体を考えると、もともと人間は左右非対称に作られています。左右の骨一つひとつの大きさも違うし、臓器の位置関係から左右の身体の重さも異なります。


 腰部前弯の強弱と腰痛との間に関連性なし
  • 健常者、急性腰痛、慢性腰痛(各200名)のファーガソンアングル(前弯の角度)を比較
  • 3群間に差は認められないことから医師は腰椎の前弯についてコメントしてはならない(Hansson T.et al,Spine,1985)

骨盤の非対称性と腰痛との間に関連なし
  • 発症後1年以内の腰痛患者144名と健常者138名の骨盤のゆがみと下肢長差を厳密に測定(Levangie PK, Spine, 1999)

 骨や関節を支えているのは筋肉や靭帯です。この筋肉をコントロールしているのは脳、神経ですから、ゆがみやズレが痛みの原因ではなく、これらは脳、神経の機能異常から生じた結果と言えます。




それでは、どうして腰痛が良くならない人がいるのでしょうか?



従来の腰痛治療で良くならない、痛みが長引く理由

パターン1 神経系の流れが低下している


 あなたは顔を洗う時、靴下をはく時、くしゃみをした時などといった、何気ない動作で腰痛を起こした経験はありませんか?
 
 強いストレスなどによって神経の働きが低下すると、腰を支えている筋肉がうまく働かなくなって、日常の何でもない動作をしただけで腰痛が発生する事があります。

体性神経(運動神経、感覚神経)の働きが低下すると…
 
 神経の働きが低下して脳からの命令がうまく伝わらないと、骨を支えている筋肉を制御することができなくなり、「しっかりと力が入らない、力を思い通り抜くことができない」など、身体は不安定な状態となります。 
 
  
自律神経の乱れが生じると…
 
 自律神経が乱れた時に影響を受けやすいのが、「血流、胃腸、免疫力」です。自律神経が乱れた状態が続くと心身に悪影響を及ぼし、病気の引き金になります。 


 
 身体はバランスを失い不安定となり首、腰、膝などの関節が痛んだり、自律神経の乱れから胃腸の調子が悪くなったりします。 
 
 
 詳しくはこちらから   神経系の流れ  〉
 
 

パターン2 脳の働きが低下して痛みに過敏になる


 様々なストレスによって脳が機能低下を起こしてしまい、痛みを抑えるシステムが働かなくなることが分かってきました。 

 
1、「不安、恐怖、怒り、悲しみ」などの感情
 
● またこのような痛みを繰り返すのでは… 
● 手術しないと治らないのでは… 
● 痛みの原因が見つからない… 
 
2、様々なストレス
 
● 家庭、職場、引越し、転職、人間関係、経済的問題など。 
 

 悲観的な考え方や様々なストレスによって、前頭葉のDLPFCがうまく働かなくなります。 
 
 痛みのコントロールをしているDLPFCがうまく働かないと、脳の中に出来上がった「痛みの興奮」を鎮めることができなくなります。 
 「痛みの興奮」が治らないと「脳」が過敏に痛みを認識してしまい、痛い場所は治っているのに痛みを感じている身体の状態になってしまいます。 
 
 前向きな考え方をして不安や恐怖を減らすことで、DLPFCがうまく働くようになり痛みも軽くなっていきます。 
 
 
 どんなに頻繁に治療を受けていても、脳や神経がうまく働いていなければ身体のバランスは乱れ痛めやすい状態が続ます。
 
 

筋肉をほぐすだけではなく神経の流れを整えます

 当院では、痛みが発生している原因を初回の検査で特定し、一人ひとりに合わせた施術やアドバイスをさせていただきます。

 

 従来の治療で良くならない腰痛はどのようにすれば良くなるのでしょう?



 それには「脳、神経系」にアプローチして、その働きを正常化させることが大切です。

 

《特徴1》子供からお年寄りまで受ける事が出来るソフトな施術


 異常反応がでている部位を特定して、必要なところに必要な刺激(30〜50Hz)を与えます。


ぎっくり腰には健康保険が使えますが、長引く腰痛や激しい痛み、シビレ、繰り返す腰痛、自律神経症状にはアクティベータテクニックをお勧めします。 


 当院では、本場アメリカで信頼されているアクティベータ器を用いて神経の流れを整え、痛みのない元気な身体作りをサポートします。 
  

 神経反射を利用した検査法で神経からの命令がしっかりと全身の関節に伝わっているかを確かめ、流れの悪くなっているところに振動をくわえることで神経の働きを改善させます。

 そうすると、神経からの命令がうまく全身に伝わるようになり、筋肉も元気になり体をしっかりと安定させることができます。動けるからだを取り戻しその結果、痛みや不調が改善されていきます。

 

 リオデジャネイロオリンピック陸上男子代表選手であるウサインボルト選手、山縣亮太選手、飯塚翔太選手、猫ひろし選手もアクティベータによるサポートを受けています。




《特徴2》マッサージでは得られない効果が実感できます


・痛みやシビレの軽減 

・力が入りやすくなる

・関節可動域の向上 

・自律神経症状の改善
(不眠、涙目、眼精疲労、口の渇き、のどの違和感、めまい、ふらつき、耳鳴り、動悸、食欲不振、胃もたれ、便秘と下痢を繰り返すなど)

 骨格や筋肉の異常はもちろん自律神経系のバランスも整い内臓の不調にも良い効果が期待できます。
 

《特徴3》腰痛を治すのに必要なのは施術だけではありません


  人によってぎっくり腰が慢性化したり、再発を繰り返したりするのはなぜでしょう?

 腰を痛めた時、対処の仕方で回復に差がでる事があります。

 

●痛い時は横になって安静にするべき?

●痛みが引くまでコルセットをする?

●直後は冷やす?

●仕事は休めたら休む?

 

 長い間このような常識が正しいとされてきましたが、これらが腰痛の回復を遅くしたり慢性化や再発のリスクになることが分かってきました。


 
 みんなが言っているから、テレビで言ってるから、昔からそう言われてるから本当の情報とは限りません。 

 昔は運動中に水を飲んではいけないというのが常識でしたが今は違います。

 当院では、日頃から勉強会やセミナーに参加して、最新の情報にアップデートしています。

あなたはご存じでしたか?


 これだけ科学が発展し先進医療を誇る日本ですが、腰痛患者は年々増え続けています。


 日本人の多くが悩んでいる腰痛。

 そのうち85%は原因を特定できない「非特異的腰痛」であり、従来の診断や治療法では腰痛患者を減らすことができていないのです。

 腰痛に関する常識や治療法は変化しています。昔の常識は今や非常識といえます。

腰痛 Q&A

腰痛は老化現象?

ぎっくり腰には安静?

神経が圧迫されてしびれるの?

➡️   シビレの原因

椎間板の異常があっても無症状?

➡️    椎間板ヘルニア



 悲観的な情報をうのみにすると「脳の痛みの領域」が興奮してしまい、「痛みの悪循環」から抜け出せなくなります。


 扁桃体は、痛みやネガテイブな感情によっても興奮が強くなります。

 
【脳の働きを改善させましょう】
 多くの方は施術によって筋肉に力が入りやすくなり、関節の可動域が広がったことをご実感いただけると思います。しかし、中には痛みに注目しすぎてしまう方もおられます。
 
 脳の働きを回復させるには物事のとらえ方が大切です。痛みに注目せず、良くなったところに注目できるようになると脳は安心し、痛みも楽になっていきます。(痛いけど〇〇できたと考える癖をつけましょう)

神経の流れが整うとどのような効果があるのでしょう?

     

🔘 痛みやしびれが軽くなる

🔘 体に力が入り姿勢を保ちやすくなる

🔘 全身の緊張が取れて身体が軽くなる

🔘 疲れにくくなる

🔘 質のよい睡眠がとれてスッキリと目覚める

🔘 気持ちが穏やかになる


 心身ともに健康になり、人生が大きくプラスに変わります‼️

  

分からない事があれば、お電話、メール等でお問い合わせ下さい。

(ホームページを見たとご連絡ください) 

                   Tel 049-236-3800

     ↑スマートフォンの方はこちらをタップ↑


 

                      無料メール相談

                                ⬇︎

    お問い合わせのページから送信頂くとスムーズです。

            (aofujiseikotsuin@gmail.com)



当院で腰痛を改善された患者さんの声


👩《どこに行っても良くならなかった腰痛が良くなりました》   30代女性


 四年前、出産後からの腰痛に悩んでいました。病院で椎間板がつぶれていると言われ、手術も考えていました。いろんな所に通いましたが、どこに行っても良くなりませんでした。 
 それが、あおふじ整骨院で全身を調整してもらったら、腰痛が改善したんです。全身がスッキリして、不眠と頭痛も良くなっていました。


👵 精神的にも良い結果につながると思います   80代女性


 足を引きずっていた私は、現在良い方向に向かって嬉しい限りです。 

 先生の説明がわかりやすく精神的にも良い結果につながると思います。 

 高齢の私としては患者さんを多く見かけるので、早くあおふじ整骨院に通われたら良いのにと思います。 
 近所の皆さんに宣伝出来るよい先生です。 


👱院長の補足
 初診時は、腰、股関節、膝の痛みで歩くのも困難で杖を使用されていました。
 1ヶ月後の旅行に行けるか不安を抱えていました。レントゲンでは腰椎椎間板症と診断されたそうです。
 2週間ほど通院していただくと杖も必要なくなり、無事旅行にも行くことができ、お土産も頂きました。

 当院で施術を受けられた患者様の声も治療院選びのご参考になさって下さい。


              あおふじ腰痛ブログ


症状別のページ   ➡️   よく来院される症状