慢性症状でお悩みの方

自然治癒力が重要です

人間の身体に備わっている「自然治癒力」を引き出し、問題を解決します。

 人間の身体には「自然治癒力」が備わっており、常に体を守るために働いていて、 風邪をひいた時、すり傷ができた時など、多くの場合その自然治癒力が問題を解消してくれています。



 身体の痛みも、本来なら風邪やすり傷と同じように時間とともに必ず治るはずです。

 しかし、様々な要因で心や身体のバランスが崩れた時には、その自然治癒力の力が及ばなくなり、痛みが長引いたり繰り返したりする事があるのです。


急性痛と慢性痛は別物です


 従来は、急性痛が長引いて3ヶ月以上続いているものを慢性痛と言っていました。 


 しかし痛みの研究が進んだ結果、長引く痛みは急性期の痛みとは全く別の「新たに現れた痛み」である事が分かってきました。 


 痛みを起す仕組みが違うため、急性期の時にはよく効く薬や治療法も効かない事があります。

 慢性痛が長引く原因は1つではありません。


 あおふじ整骨院では、「どこに行っても何をしても良くならなかった」慢性痛が長引く理由をご説明し、改善させるポイントをお伝えします。
                  


痛い場所を治療しても良くならない慢性痛が長引く理由

1、神経の流れが低下する


 身体を支えている筋肉や関節を安定させている靭帯は神経によってコントロールされています。

 

「 筋肉や靭帯が縮んでいる」、「伸ばされている」といった情報は神経によって脳に伝えられます。

 脳からは筋肉や靭帯の状態を正常に保つための指令が送られ、組織が痛まないようコントロールしています。

 

 

体性神経(運動神経、感覚神経)の働きが低下すると…

 神経の働きが低下して脳からの命令がうまく伝わらないと、骨を支えている筋肉を制御することができなくなり、「しっかりと力が入らない、力を思い通り抜くことができない」など、身体は不安定な状態となります。
 
自律神経の乱れが生じると…
 自律神経が乱れた時に影響を受けやすいのが、「血流、胃腸、免疫力」です。自律神経が乱れた状態が続くと心身に悪影響を及ぼし、病気の引き金になります。

 身体はバランスを失い不安定となり首、腰、膝などの関節が痛んだり、自律神経の乱れから胃腸の調子が悪くなったりします。
 詳しくはこちらから   神経系の流れ  〉

2、脳の働きが低下する


 様々なストレスによって脳が機能低下を起こしてしまい、痛みを抑えるシステムが働かなくなることが分かってきました。


1、「不安、恐怖、怒り、悲しみ」などの感情
● またこのような痛みを繰り返すのでは…
● 手術しないと治らないのでは…
● 痛みの原因が見つからない…

2、様々なストレス
● 家庭、職場、引越し、転職、人間関係、経済的問題など。

 悲観的な考え方や様々なストレスによって、前頭葉のDLPFCがうまく働かなくなります。


 痛みのコントロールをしているDLPFCがうまく働かないと、脳の中に出来上がった「痛みの興奮」を鎮めることができなくなります。

 「痛みの興奮」が治らないと「脳」が過敏に痛みを認識してしまい、痛い場所は治っているのに痛みを感じている身体の状態になってしまいます。

 前向きな考え方をして不安や恐怖を減らすことで、DLPFCがうまく働くようになり痛みも軽くなっていきます。 
 
 
詳しくはこちらのページをご覧ください  ➡️  痛みと脳の変化
 
こちらの記事でも解説しています 『 脳が変れば痛みも変わる
 
 

不安や恐怖が痛みを引き起こす

 嫌なことを考えたり痛みのことを思っているうちに、不安な気持ちになってきて耐えられない痛みになってしまうというような経験はありませんか?


 実は、「怒り、悲しみ、不安、恐怖」といった感情が痛みにも大きな影響を与えていることが分かっています。

脳の錯覚による痛み

 長引く痛みやしびれの原因が「脳」にあることが分かってきました。
  •  痛みの記憶
  •  痛みの条件付け
  •  扁桃体の興奮
 
 このような原因で脳が痛みを作り出していることがあります。

 こうした痛みは急性期の痛みとは「痛みの仕組み」が違うため鎮痛剤も効かないことがあります。
 

 従来の治療法では良くならないため余計に痛みのことが気になってしまい、常にそのことが頭から離れなくなってしまいます。
 
 
 人が痛みを感じると、脳の大脳辺縁系の活動が活発になります。
 
 この大脳辺縁系とは、本能や感情に大きく関係している部分です。
 
 人が痛みを感じる時は、一緒に不安や恐怖といった心の痛みを感じていることになります。
 
 したがって、心配事やイライラなどの感情がある時は同じ痛みでも強く感じやすいといえます。


 あおふじ整骨院では、長引く痛みの治療には脳の働きやメンタル面のサポートも重要と考えています。


正確な情報を見極めましょう


 欧米各国では、経済的損失が膨大である「痛み」を社会的な問題として扱っています。



 欧米各国に肩を並べる先進医療を誇る日本ですが、残念ながら「痛み」に関しては遅れをとっていると言われています。

⚫︎手術をしたのにまた痛みが再発するのはなぜでしょう?

⚫︎日によって痛い場所が変わるのはなぜでしょう?

⚫︎レントゲンの異常部位と痛い場所が違うのはなぜでしょう?

⚫︎慢性痛患者が毎年増えているのはなぜでしょう?


 痛みとその治療についての基本的な考え方が変わってきている事への「気づき」と、それを受け入れて行動することが、長引く慢性痛を克服するポイントです。


あおふじ整骨院では、一人ひとりの症状に合わせて手技療法、EFTタッピング、カイロプラクティックから最善の施術法を選択します。



 本来なら自然に治るはずのその症状が改善しない根本原因、それを取り除く正しい情報と施術を提供しますので、安心してご来院下さい。




このページの内容についてもっと知りたい、質問したいと思われる方はこちらにご連絡下さい。

                   

                         無料メール相談

                                    ⬇︎

  お問い合わせのページから送信頂くとスムーズです。

               (aofujiseikotsuin@gmail.com)

               

           ホームページを見たとお電話下さい。


                      電話 049-236-3800



アクティベータカイロ

 カイロプラクティックのテクニックです。

 

 神経の流れに直接働きかけることができるので、脳からの命令が身体全体に伝わるようになり身体もしっかり動くようになります。

 

 骨格や筋肉の異常はもちろん自律神経系のバランスも整い内臓の不調にも良い効果が期待できます。

 【手技(整体)、カイロコース】

 

     初回        5,940円  (初診料を含みます
 
  2回目以降  4,320円
 
 初診は診察と施術を合わせて60分前後のお時間を頂いております。
 
 手技とセットにしたアクティベータ施術を、今なら初回わずか5,940円でお受けいただけます。
 予約優先となっておりますのでお急ぎください。 
 
 料金等詳しくはこちらから  

 


 ケガや病気が治った後も長引く症状は、画像検査で骨や関節に変形が見つかる人も、そうでない人も、痛みの元は同じです。


 考えられる原因は下記のページで解説しています。


痛みと脳の変化



        トップページ      ➡️    はじめての方



院長のプロフィール   ➡️    プロフィール



         院内のご案内    ➡️     院内の様子


  交通事故のページ    ➡️     交通事故治療


     診療時間、料金、駐車場のご案内   

                                  ⬇️
                           ご利用案内


               ご質問やご予約のご相談

                                  ⬇️
                             お問合せ




      院長のブログ   ➡️    あおふじブログ


 症状別のページ    ➡️    よく来院される症状