メンタル症状

ネガティブな感情を開放する感情へのツボ療法
EFTの絵本より

人はささいな出来事でも悩んでしまいます

 私たちは、あれこれ悩んだり気にしたりしてしまいます。
 
 
 ささいな事が気になって頭から離れなくなりイライラしたり悲しくなったり…
 このようなストレス状態が続くと知らず知らずのうちに脳に負担をかけてしまい、身体や心に影響をおよぼします。 
 

このようなお悩みはありませんか?

✅ 物事を悲観的にとらえてしまう

 
✅ 不完全な自分を責めてしまう
 
✅ 痛みが長引き気持ちが落ち込んでしまう
 
✅ イライラしやすい
 
✅ 不安で仕方がない、悲しい気持ちになってしまう

✅ パニックになりやすい
 

上手に気にしない、悩まない

 悩むこと自体は悪いことではありません。


 しかし、中には悩むほどではないことを深刻な問題としてとらえてしまい、将来のことまであれこれ悲観的に考えてしまい無性に不安になったり悲しくなったりすることがあります。

 悩み事は人それぞれですが、その人の性格や物事のとらえ方によってその深刻度が変わります。

 できることならどうでもいいことは気にせず、必要なことだけを気にして生きていけるとよいですね。


 「ポジティブ思考になればいい」などと言われることもありますが、うまく気持ちを切り替えられる人もいれば、1人で頑張ってもうまくいず、かえって苦しくなってしまう人もいます。

 感情をコントロールするコツをつかみそれを習慣化することができれば、脳は学習しそれまでのくせも変わってきます。

 そうすると自然と良いところに目が向くようになり、物事をポジティブにとらえることができるようになるのです。


 このページをお読みいただきあなたの気持ちを切りかえる手助けになりましたら幸いです。

 

どうしてポジティブに考えられないの?


  世の中には「ポジティブ、楽観的」な人がいれば「ネガティブ、悲観的」な人もいます。


 両者の差は何なのでしょう?

  ○ 家庭生活に不満がある…

  ○ 職場で許せないことがある…

  ○ 友人の一言が許せない…


 など、世の中には引きずってもしょうがないけど割り切れない出来事があふれています。

 このようにネガティブな出来事は、印象深い出来事として思い出されやすいように脳に記憶されており、ふとした時に思い出してしまいます。


 そんな時、「怒り、悲しみ、恐怖、不安」といった様々な感情が生まれます。

 人間の本能的な感情が生まれる時は、脳の原始的な部分である大脳辺縁系が活発に活動しています。

 一方、人間やサルなどの高度な動物で発達してきた脳の部位である前頭葉が、そうした感情をコントロールしています。


 物事を悲観的に見てしまう、過去や将来のことが気になってしまうといった感情が生まれるときは、原始的な大脳辺縁系が活動します。

 しかし、人間で特に発達している前頭葉をうまく働かせることによって大脳辺縁系の興奮はしずまり、感情のコントロールがうまくできるようになります。


自律神経系とホルモン系


 ストレスは悪いことばかりではありませんが、一般的には身体や心に悪影響を与えることが知られています。


 それでは、ストレスが人間に及ぼす影響とは何なのでしょう?


 人がストレスを受けると、胸がドキドキしたり、汗をかいたり、呼吸困難になったりと様々な症状が現れます。

 例えば、心拍、血圧、体温、呼吸、消化といった身体の働きには「自律神経系」が関与しています。

 ストレスによってホルモンの分泌量に変化が現れ自律神経の乱れが生じます。

 その自律神経系とホルモン系の働きを調節しているのが「脳」です。


 脳は、日々の習慣によってクセがかわっていくため、ストレスを克服することによって忍耐力をつけていくことは可能です。


印象深い出来事の記憶

 昔のことを思い出して苦しくなる、恥ずかしい、怖い。


 このような場面は単に出来事を思い出しているだけではなく、その時の感情も記憶されていて一緒によみがえってきます。


 こういったことが重なるといやな記憶の上書きが繰り返され、常にそのことが気になってしまいます。


 このような記憶は似たような行動をした成功体験を上書きすることで思い出しにくくなります。

 ただ、その時のコンディションによっては行動に移すことが苦痛なケースもあります。


 このような時は無理をせず、他のアプローチでコンディションを整えることから始めると早く楽になることもあります。


パニックになりやすい人


 パニックは、突発的に起こる緊張や不安だと言えます。


 予定と全く異なることが起きたとき、脳の中では感情をつかさどる大脳辺縁系の中で異常な興奮が起こります。

 その興奮が記憶の貯蔵庫に伝えられ、過去に起こった同様の嫌な出来事が思い出されます。

 その情報が大脳辺縁系に送られると、そこで更に異常な興奮が起こります。

 こうした悪循環が非常に早い速度で起こると他の脳活動ができなくなり「頭の中がまっしろ」という状況になります。


 パニックは予期せず突然起こるために大脳辺縁系が異常興奮を起こします。

 そこで、事前にパニックが起きたときの事を想定して対処法などを考えておくと、客観的に状況を見ることによって前頭葉が働きだし早い解決につながります。


理屈がわかれば安心できる

人間にある2つの心


  人間の脳には、イヌやネコなどの動物やトカゲなども持っている原始的な脳(扁桃体)と、人間やサルのように高度な動物で発達した理性的な脳(前頭葉)があります。


 人間の脳の構造からして「意識的な心」と「無意識(潜在的)な心」の2つの心が存在していると言えます。


脳の偏桃体の興奮を前頭前野がコントロール
前頭葉と偏桃体
 

 原始的な扁桃体が活動するときには意識にのぼらない情動といわれている気持ちが起こります。(怒り、悲しみ、恐怖、不安)
 
 こうした情動をコントロールして理性的に判断するときは前頭葉が活動します。これは意識にのぼる気持ちです。
 
 
 つまり、原始的な脳の部分が興奮して生まれた様々な感情を前頭葉という理性的な脳がおさえようと働いているのです。
 
 

爬虫類脳は強い


 扁桃体(爬虫類脳)は脳の中で最も原始的な部分であり、生き残るための本能「闘う、逃げる」をつかさどります。


 人間がストレスを感じているときには、この爬虫類脳の指令が優先されることになります。

 このとき理性的な前頭葉は動きを止めてしまい、怒りや悲しみといった感情をコントロールできなくなってしまいます。


扁桃体の過剰反応


 現代社会にはストレスがあふれていて、「今が不快な状態」と判断すると扁桃体は興奮します。


  1.  副腎がコルチゾール(ストレスホルモン)を放出
  2. ノルアドレナリンが放出される
  3. セロトニン(癒しホルモン)の放出を抑制

 これら3つの反応によって交感神経が活発となり、「闘う、逃げる」体制になります。

 具体的には「血圧や血糖値の上昇、瞳孔散大、胃腸の活動を抑制」などといった具合です。


 原始時代であれば、危機を回避できれば扁桃体の興奮は治まっていました。

 ところが現代はストレスとも言われる「不快な状態」が長く続くため扁桃体が暴走してしまい、自律神経系やホルモン系に影響を及ぼし心や身体の不調を引き起こしてしまうのです。


感情のコントロール


 職場や家庭で起こったささいな出来事が気になり頭から離れなくなって、気持ちが落ち込んでしまうと扁桃体の興奮が鎮まりません。


  扁桃体の興奮を鎮めるには前頭葉を働かせる必要がありますが、不快な感情に意識が向いているとなかなかうまくいきません。

 そんな時心理カウンセリングなどでは、

 ・ 自分で考えて客観的に状況を見る。

 ・  それを紙に書き出してみる


 といった方法で物事のとらえ方や行動を変えるトレーニングをすることがあります。


 考えるという行為には前頭葉の働きが重要です。考えを文字にする時には言語野、文字を書く時は運動野と小脳が必要です。

 これらの部位はいずれも「大脳新皮質」いわゆる人間脳にあり、この時扁桃体の働きは自然に抑制されているわけです。


 自分の嫌な気持ちにばかり意識がいくと感情のコントロールができなくなりドロ沼にはまってしまいます。そうならないようにするには思考(前頭葉)を使い物事を客観的に見ていくことです。

(参考文献  柿木 隆介著   どうでもいいことで悩まない技術)


カウンセリング + EFT

感情のためのツボ療法。ネガティブな感情を開放しポジティブな感情に置き換えます
EFTの絵本より

 

  EFTはネガティブな感情を解放する心理療法の1つで、「感情のためのつぼ療法」とも呼ばれています。 

 
  過去の記憶に付着している感情を見つけ、いらない部分だけを取り除きます。
  • 物事の考え方や捉え方を変えたい
  • 心理的問題やそれに関連する痛みを解消したい
  • EFTを用いたセルフケアを覚えたい

        60分   6,480円

                    


                   まずはお問合せ下さい。

 

                     無料メール相談

                            ⬇︎

 お問合せのページから送信頂くとスムーズです。

        (aofujiseikotsuin@gmail.com)

               

 ホームページを見たとお電話下さい

 (予約優先制 1日12人限定)

 

         電話  049-236-3800