院長プロフィール


あおふじ整骨院 院長 青葉 秀樹
 青葉  秀樹
昭和49年 山形県遊佐町生まれ
平成 8年  札幌大学経営学部経営学科卒業
平成19年 さいたま柔整専門学校卒業
同年 さいたま与野整形外科医院 室長
平成23年  春日部市内整骨院 院長
平成27年  北本市内整骨院勤務を経て、5月あおふじ整骨院開院 
 
 
その他・経歴 ・資格
 柔道整復師(国家資格)
    全日本スキー連盟準指導員
 柔道三段 (修盟館所属)
                         
アクティベータメソッド・セミナー受講
 TMSジャパン・セミナー受講
 EFT ジャパン・セミナー受講

脳に教えれば腰痛は楽になる
院長著書

著書 「脳に教えれば腰痛は楽になる」

        腰痛患者の感情
腰痛が慢性化しやすい人の思考
       心と痛みを癒す方法
 腰痛の原因を徹底解説!

私が開業した理由

私を悩ませた腰痛の始まり


  今でこそ健康で痛みのない私ですが、5〜6年の期間、ひどい腰下肢痛に悩まされたことがあります。


 当時、生まれから33年間、腰痛をはじめとする身体的な痛みとは無縁でしたから、当然自分の腰の状態は良好なのだと思っていました。

 

 そんな私の腰に異常が見つかったのは、当時勤務していた病院で健康診断の際腰のレントゲン撮影をした時のことです。
 
 それまで一度も腰痛を経験した事のない私でしたが、腰のレントゲン写真に「腰椎分離すべり症」が見つかったのです。 
 
 
 腰椎分離すべり症は、腰椎の一部分が骨折し上部の腰椎が前方に変位して神経を圧迫し、腰下肢痛が生じるといわれているものです。

 
 それまで、腰痛や痺れといった症状を経験したことはありませんでしたが、これ以上すべり症が進行することを恐れ、「腰を反らさない」「長時間歩かない」など、なるべく腰に負担をかけない生活に変えていきました。 


症状の出現


 1年ほど経過した頃から急に痛みが始まりました。

 長時間立ち続けると右足のすねに痛みが発生し、座るまでは絶対に回復しません。

 例えば、本屋さんで立ち読みをするのにも、5分程で足の痛みが強くなり、それ以上は立っていることができなくなりました。 


 当時の考えとしては、進行してきたすべり症による神経の圧迫が徐々に強まり、いよいよ症状として現れたのだと思いました。
 

 私自身、「これからこの腰痛とは一生の付き合いであり、これ以上症状を悪化させない努力をするしかない」と信じていたのです。 


 今思うと、自分の腰に対するネガティブな先入観が痛みを発生させ、症状を長引かせていたのだと思います。 

 

施術者としての転機


  今現在、私の腰は痛みが生じる前に戻り、長時間立つことも腰を後ろに反らすことも、元のようにできるようになりました。



 手術を受けて腰のすべり症を治した訳ではないのですが、痛みは完全になくなりました。



 このことは、痛みが長く続いていた原因は「腰の異常」にはなく、他に存在していたのだと考えた方が自然です。



 実は、私が痛みを解消したポイントは、身体の機能と「脳」の働きに注目したことです。



 痛みの無い現在は、これまでの自身の経験を日々の施術にいかしながら、正しい情報を患者さんにお伝えしています。



こんなに医療が進歩してるのに…


 世界でもトップレベルを誇ると言われる日本ですが、腰痛をはじめとする痛みに悩む人が年々増加しているのをご存知でしょうか?


 病名、年齢、症状、治療法が同じであっても、早く治る人と慢性化してしまう人がいます。


 このことは、痛みの原因や有効な治療法がまだ解明されていないことを示しており、その結果、痛みが解消されない人は減ることがなく、増加の一歩をたどっているといえます。



 腰痛が社会問題化している欧米各国では、日本とは全く異なるアプローチで腰痛撲滅を目指す取り組みが成果を上げています。

 私も古い慣習や常識から脱却して、辛い腰痛を克服しました。

 痛みが良くならない原因は身体だけではなく、心の部分(脳)にあることが科学的にも分かってきていて、このことは、私の著書「脳に教えれば腰痛は楽になる」でも述べています。


 このホームページ、著書をお読み頂き、あるいは、私の施術を受けて頂くことで、あなたが痛みのない普通の日常を送れるきっかけとなれば嬉しいと思っています。
 
 最後までお読み頂きありがとうございました。 


  

分からない事があれば、お電話、メール等でお問い合わせ下さい。

  

ホームページを見たとご連絡ください   

(予約優先制 1日12人限定

                    Tel 049-236-3800

                    

                      無料メール相談

                                ⬇︎

    お問い合わせのページから送信頂くとスムーズです。

            (aofujiseikotsuin@gmail.com)

 ここからテーマを入れてサイト内を検索できます。