足裏の痛み(足底筋膜炎)

 当院には、足のトラブルでお悩みの方が多く来院されています。 

朝起きた時、長時間座った後などの歩きだしに生じる足裏の痛みが、足底筋膜炎の特徴的な症状です。

 軽い症状であれば、歩いているうちに血液の流れが良くなるにしたがって、痛みは気にならなくなります。
 ところが、進行してくると歩行中ずっと痛みが続いたり、立っているだけでも痛みが生じることがあります。


 痛みがでる場所は人によって違いますが、足裏の踵(かかと)部分に痛みが出やすいようです。


足底筋膜炎の原因とは

 足の裏には、靭帯、筋肉、筋膜などが存在し、踵(かかと)の骨に付いています。


 筋肉のアンバランス、疲労、間違ったトレーニングなどによって、これらの組織が付着する場所に炎症が引き起こされます。


踵の痛み 足裏の痛みには、足底にある筋肉や靭帯にかかるストレスが関係しています。
 

 足裏には、縦と横方向にアーチがあり、歩行や走行時の衝撃を和らげる働きをしています。
 そして、これらのアーチを維持し安定を保つのが足底筋膜です。


 足裏の組織は、長時間の立ち姿勢、歩行、走行によって繰り返しのストレスを受けます。
 一般的に足底筋膜炎は、本人も自覚しないうちに徐々に進行し発症します。


 神経バランスが乱れると、特定の場所が繰り返しの外力によるストレスを受けやすくなります。
 このような身体のコンディションでは、サポーターやその他の治療をしても症状は長引くことになります。

アクティベータによる施術

 神経の流れがうまくいかないと、全身のバランスは乱れ身体は正常に働かなくなります。


 力が入らない、力が抜けない、関節の動きが悪いなど、その結果、特定の場所に負担をかけることになり、そこに不具合が生じやすくなります。



 あおふじ整骨院では、全身の神経バランスを整えたうえで、痛みの出ているところにアプローチしていきます。
 足のトラブルに対しても、関連している骨を個別に検査することができるため、正確に調整することが可能です。


 痛いところだけを見る従来の治療と比較しても、早期回復を望むことができます。


当院ではアクティベータ器を用いて神経のアンバランスを整えます。
かかとの骨を調整