むち打ち症ガイドライン

むち打ち症とは

 皆さんこんにちは。 


 ここでは、交通事故のよるむち打ちについてもう少し詳しく書いていきます。 


 「むち打ち」とは、 


 交通事故の追突などによって首が大きく前後に振られる事によって起こります。 


 症状や負傷の程度は様々ですが、ここではカナダケベック特別委員会の「むち打ち関連障害の診療ガイドライン」の中からご紹介します。 


むち打ちのガイドライン

grade1:頚部の痛み、強ばり、圧痛のみの主訴
               客観的徴候なし

grade2:筋・骨格徴候を伴う頚部主訴

grade3:神経学的徴候を伴う頚部主訴

grade4:骨折または脱臼を伴う頚部主訴


 むち打ちの症状は、無症状なものから骨折、脱臼を伴うものまで様々です。 


 カナダケベック特別委員会の「むち打ち関連障害の診療ガイドライン」はむち打ちの種々の問題について科学的分析を行ったもので、重症度に応じて治療も異なります。

 
 

安静で痛みが長引く事も…

 日本においては、交通事故で首を痛めたら、「安静、カラー、後から痛くなり慢性化」というのが常識です。


 しかし、「リトアニア」という国では、交通事故にあって首を痛めても、 風邪やすり傷と同じようにすぐに治るものだと信じられていて、特別治療をしなくても慢性化する人があまりいないそうです。 


  リトアニアでは、むち打ち症状が長引くといった概念がなく、1週間程度で治るものだと信じられています。



 痛みの慢性化には文化的的背景や社会心理的要因が大きく関与します。


 安静、頸部カラーおよび悲観的なとらえ方や考え方は、回復を遅らせ、慢性的な問題の発生原因になる可能性があると言われています。


長引くむち打ち症でお悩みなら  ➡️   むち打ち症(交通事故)

                                                            むち打ち症のエビデンス


交通事故に遭ってしまいお困りならこちら  ➡️   交通事故治療






 あおふじ整骨院では、スポーツ交通事故によって発生した慢性痛の治療も得意としています。 



当院では、

 施術は院長が行います。
予約優先制となっております。
 交通事故のトラブル等には法律事務所をご紹介します。

 当院と協力関係にある「泉総合法律事務所」はこちらから 
                  ➡️    泉総合法律事務所


 ブログを見た‥とお電話下さい。

 電話 049-236-3800


                                   Amebaブログ   

                                     エキテン


  ブログトップ  ➡️  あおふじブログ