交通事故後は防げる

事故、災害は防げる

 この時期は雨の日が多く、車の運転をしていても視界が悪かったり、


 傘さし運転の自転車がいたり、


 ヒヤリとする場面もあると思います。


 こんな記事がありました。


 アメリカの保険会社の技術者であったハインリッヒ氏は、労働災害の研究から別の法則も明らかにしています。それは、「事故・災害の98%は注意していれば防ぐことが可能」というものです。


 防ぐのが不可能な「2%」は自然災害によるもので、いくら人間が努力しても逃れられない事故があるということです。逆に言えば、事故のほとんどはヒューマンエラーであり、私達の努力で防ぐことができるのです。(シンク出版の記事より)



 



交通事故のよる精神的ストレスと痛み

 交通事故では、怪我の痛みとともに精神的な苦痛も伴います。



 長引く痛みに関しては、心理社会的要因にも目を向ける必要があります。



  ストレスと、胃腸の不調との関連性はイメージしやすいですが、



  身体の痛みにストレスが関係していると言われても、なかなか受け入れる事が出来ないと思います。



 しかし、ストレスによって脳の機能が低下し、痛みを認知するシステムが誤作動を起こすと、



少しの身体の異常を感知して、痛みを出現させる事があります。


 

 こういった慢性的な痛みには、認知行動療法や、読書療法が効果的です。







 あおふじ整骨院では、スポーツ交通事故によって発生した慢性痛の治療も得意としています。 



当院では、

 施術は院長が行います。
予約優先制となっております。
 交通事故のトラブル等には法律事務所をご紹介します。

 当院と協力関係にある「泉総合法律事務所」はこちらから 
                  ➡️    泉総合法律事務所


 ブログを見た‥とお電話下さい。

 電話 049-236-3800


                                   Amebaブログ   

                                     エキテン   


  ブログトップ  ➡️  あおふじブログ