慢性化したむち打ち症の治療

慢性的なむち打ち症に対する運動療法の効果

 むち打ち症関連疾患は公衆衛生上の大きな問題の一つで、慢性化した患者に対するエビデンスに立脚し
た治療法はない。

 慢性患者を登録して、理学療法士が行う運動療法、または簡単なアドバイスに割り付
け、疼痛軽減効果を比較したランダム化比較試験(RCT)の結果、両群の転帰に有意差がないことが示
された。

 オーストラリアSydney大のZoe A Michaleff氏らが、Lancet誌電子版に2014年4月4日に報告
した。(2014、日経メディカル)



 慢性のむち打ち症関連疾患の患者を対象に、理学療法士が提供する総合的な運動療法プログラムとアドバイスのみとを比較した。 


その結果、運動療法とシンプルなアドバイスの効果は同様だった。


 


患者さんに安心を

むち打ち症が慢性化した患者に対して様々な治療が実施されていますが、


それらの有効性を評価した研究はほとんどありません。


 交通事故によるむち打ち症は、


 過度の安静、頸部カラー、悲観的な考え方によって慢性化を招く事が考えられます。



  患者さんに正しい情報と安心感を与える事も、



 早期の回復や慢性化を防ぐためのポイントになります。


むち打ち症のページ   ➡️   むち打ち症(交通事故)  /  むち打ち症のエビデンス




 あおふじ整骨院では、スポーツ交通事故によって発生した慢性痛の治療も得意としています。 



当院では、

 施術は院長が行います。
予約優先制となっております。
 交通事故のトラブル等には法律事務所をご紹介します。

 当院と協力関係にある「泉総合法律事務所」はこちらから 
                  ➡️    泉総合法律事務所


 ブログを見た‥とお電話下さい。

 電話 049-236-3800


                                   Amebaブログ   

                                     エキテン


   ブログトップ  ➡️  あおふじブログ