認知と行動

認知とは、「ものの受け取り方やとらえ方」です。

行動とは、「認知の結果としてとる態度、活動」です。


 もう一生治らないと思っていた患者さんの痛みが3〜4割なくなると、

 多くの方は「最初より随分良くなった」と喜びます。


 しかし、残った6割の痛みが余計に気になってしまう方もいます。


物事の捉え方

コップに水が半分入っているのを見て、 


「水が半分しか残っていない」と思う人と、 

「まだ半分も水が残っている」と思う人がいます。 


 同じ出来事でも、その人によって受け取り方に違いがあります。 

  
 物事を悪い方に考えてしまう人は、 


「痛みがあるから何もできない」、 


「 ⚪️⚪️できないのは痛いからだ」、 


 と思いこんでしまい、


行動を制限したり家に閉じこもってしまう傾向にあります。 



 物事の受け取り方や行動を少しでも変えていくことができれば、それだけで症状はどんどん改善していくのです。 




 あおふじ整骨院では、スポーツ交通事故によって発生した慢性痛の治療も得意としています。 



当院では、

 施術は院長が行います。
予約優先制となっております。
 交通事故のトラブル等には法律事務所をご紹介します。

 当院と協力関係にある「泉総合法律事務所」はこちらから 
                  ➡️    泉総合法律事務所


 ブログを見た‥とお電話下さい。

 電話 049-236-3800


                                   Amebaブログ   

                                     エキテン


   ブログトップ  ➡️  あおふじブログ