洗濯機と慢性痛

構造的には正常でした

皆さんこんにちは。


整骨院を始めてもうじき3ヶ月。


開業時に買った洗濯機が時々エラー表示して作動しなくなってきました。


「E2エラー」


説明書を見ると「排水ホースが潰れていませんか?、排水ホースの先端がふさがれていませんか?」

などとと書いてありますが、見たところ悪いところはなさそうです。



そして先週の土曜日ついに脱水できなくなり、


ビショ濡れの洗濯物をゴミ袋に突っ込んで自宅に持ち帰りました。


電気屋さんに電話すると、保障期間内なので無料で修理に行きますとの事。


先程修理が完了しました。


原因は、基板のノイズに反応してエラーが発生していたようです。


これで一安心。


慢性痛の仕組み

この洗濯機の症状は、慢性痛の仕組みに似ているような気がします。



⚫︎洗濯機は正常なのに基板のノイズに反応して動かなくなった。



⚫︎ケガが治っているのに少しの刺激に対して脳が反応して痛みを作りだしている。



長引く痛みは、原因となるケガや病気が良くなったのに痛みが残った状態です。  


長引く痛みや、様々なストレスなどによって脳は機能低下を起こします。


痛みを抑える脳のシステムが働かなくなる事で、本来なら痛みとは感じられないような刺激に対して過敏に反応してしまいます。



今朝出勤してきたら、モンステラの葉っぱが増えていました。




黄緑色の小さいのが新入りです。


毎日暑い日が続きますが、モンステラのように元気に頑張りましょう!!



 あおふじ整骨院では、スポーツ交通事故によって発生した慢性痛の治療も得意としています。 



当院では、

 施術は院長が行います。
予約優先制となっております。
 交通事故のトラブル等には法律事務所をご紹介します。

 当院と協力関係にある「泉総合法律事務所」はこちらから 
                  ➡️    泉総合法律事務所


 ブログを見た‥とお電話下さい。

 電話 049-236-3800


                                   Amebaブログ   

                                     エキテン


  ブログトップ  ➡️  あおふじブログ