心と身体の痛み

研究報告

 このような研究報告があります。

⚫︎うつ病患者の75%以上は痛みを伴う身体症状があります。(世界各国のWHOデータを分析)
⚫︎ うつ病患者は脳内報酬系の側坐核が機能低下。




 慢性痛と心の状態が関与する事が、様々な研究で分かってきました。


  多くの方は、高血圧や胃腸の症状などといった内臓の症状とストレスが関係していると言われれば納得しやすいと思います。


  肩が張るとか、首の痛み、頭痛といった症状も比較的ストレスと関連してそうな症状です。


 ですが、腰痛や膝の痛みとストレスが関係していると言われてもなかなか理解できないのではないでしょうか。
 



心理面、自律神経、痛み

 内臓の動きや血管の収縮、


呼吸などといった、身体が無意識に行っているものは、


自律神経がコントロールしています。



 自律神経には、ストレスなどの心理的要因が密接に関係しています。


 運動器の中にも自律神経は張りめぐらされていて、心理的なストレスによる痛みにも関与しています。


 痛みを生じる仕組みは様々ですが、腰痛や膝痛にも心理的要因が関与する事は確かなようです。


 (参考文献   谷川浩隆 著   腰痛を心で治す)


        自律神経症状


 






 あおふじ整骨院では、スポーツ交通事故によって発生した慢性痛の治療も得意としています。 



当院では、

 施術は院長が行います。
予約優先制となっております。
 交通事故のトラブル等には法律事務所をご紹介します。

 当院と協力関係にある「泉総合法律事務所」はこちらから 
                  ➡️    泉総合法律事務所


 ブログを見た‥とお電話下さい。

 電話 049-236-3800


                                   Amebaブログ   

                                     エキテン


  ブログトップ  ➡️  あおふじブログ