原因不明、手指の症状

 20日前からの手指の痺れ、朝起きたときに指が曲がらない、箸を持ったときに肘の内側にかけての激痛。


 このような症状で来院された男性です。


 
 当院の前に整形外科で診てもらい、


薬と湿布をもらいましたが効き目がなく、症状が続いているそうです。



 「病院では何と言われましたか?」


と尋ねたところ、


首のレントゲンを見て「首の骨はキレイですね」と言われ、


薬と湿布を出されたそうです。



 病名も、原因分からないまま当院に来院されました。




原因がなくても痛くて痺れる?

 つまりこの患者さんは、病院に行ったけれど異常が見つからなかったわけです。


 しかし、こういった事は珍しい事ではありません。



 日本人の多くが経験している腰痛では、全体の85%は原因を特定出来ない「非特異的腰痛」とされています。


 MRIやCTなどといった現代医学をもってしても、


85%の腰痛はその原因が分からないのです。



 この患者さんは手指の症状ですが、レントゲンでは異常が見つからない「原因不明」という事になります。



 画像検査をすると、

1、関節や骨には異常がないのに痛い人

2、関節や骨の変形が強いのに痛みがない人

3、関節や骨の変形があり痛い人

4、関節の変形がなく、痛みもない人


 このようなパターンがあります。


 3と4の様に言われればその通りだなと思いますが、


1や2の様に言われると、「ナゼ?」と不自然に思うかもしれません。


 50歳を超えた人の腰や膝の画像検査をすると、痛みがない人でも9割以上に関節の異常が見つかります。


 つまり、ある年齢になると関節や骨の変形があるのは当たり前で、顔のシワや白髪と同じようなものなのです。


 その為、痛みがあってレントゲンを撮るとその変性が見つかり、病名をつけられてしまいます。



 今回の患者さんは30歳代でしたのでまだ骨の変性は進んでおらず、


画像検査で特定できる原因がなかったという事でしょう。



原因は本当にないの?

  痛みやシビレがある人は、骨や関節に異常がないだけで何かしらその原因はあるはずです。


 レントゲンで分かるのは「骨」の異常だけで、筋肉や血流などは分かりません。



 痛みが生じるのは筋肉が緊張して血流低下し、発痛物質(痛みの物質)が発生して、その情報が脳に伝えられて脳が「痛み」として認識します。

 また、組織に運ばれる酸素が不足すると、痛みやシビレ、筋力低下などが生じます。



 この患者さんは、前腕の屈筋(指や手首を曲げる筋肉)に異常硬結(筋肉のコリ)があり、手首を反らしたり、筋肉を押したときに強い痛みがありました。


 筋肉を緊張させたり血行が悪くなる原因は一つではありませんが、手指のシビレや痛みに関しては、硬くなった筋肉が柔軟性を取り戻し、血行が良くなれば回復していくと思われます。


 痛みやシビレが薬や湿布で楽にならない方は、


まずは筋肉や血流に目を向けてみましょう。








 あおふじ整骨院では、スポーツ交通事故によって発生した慢性痛の治療も得意としています。 



当院では、


 施術は院長が行います。

予約優先制となっております。

 交通事故のトラブル等には法律事務所をご紹介します。


 当院と協力関係にある「泉総合法律事務所」はこちらから 

                  ➡️    泉総合法律事務所



 ブログを見た‥とお電話下さい。

 電話 049-236-3800


                                   Amebaブログ   

                                     エキテン


  ブログトップ  ➡️  あおふじブログ