鶴ヶ島市内の交通事故発生状況

 「広報 つるがしま」を読んでいたところ、昨年平成27年中の鶴ヶ島市内における交通事故発生状況が掲載されていました。

 

平成27年鶴ヶ島市内の交通事故発生状況

・ 人身事故  269件(前年比4,3%増)

・ 原因で多いものとして、脇見などが190件(70,6%)

 つまり、自身の不注意である脇見が鶴ヶ島市内の交通事故全体の7割を占めるという結果です。

鶴ヶ島市内で発生する交通事故の特徴

1、高齢者の事故

2、自転車運用中の事故

3、交差点での事故

 広報の中ではこの3点があげられていました。

 ですが、一緒に掲載されている死傷者年齢層のグラフから見ると、特別高齢者が多いわけでもないようです。

 高齢者は身体機能や判断力の低下を指摘されますが、年齢によらず自分を過信した結果不注意によって事故が多発していることも事実です。
 

 多くの事故は、注意をしていれば防げるものがほとんどです。

 以前の記事に載せた内容の一部です。


アメリカの保険会社の技術者であったハインリッヒ氏は、労働災害の研究から別の法則も明らかにしています。それは、「事故・災害の98%は注意していれば防ぐことが可能」というものです。


 防ぐのが不可能な「2%」は自然災害によるもので、いくら人間が努力しても逃れられない事故があるということです。逆に言えば、事故のほとんどはヒューマンエラーであり、私達の努力で防ぐことができるのです。(シンク出版の記事より)



 交通ルールを守り常に注意をしていることが、交通事故を未然に防ぐのに大切なことです。



 交通事故によるケガの治療はこちらから


               ⬇️


              ブログトップ  ➡️  あおふじブログ



    ホームページトップ  ➡️       はじめての方


   院長のプロフィール   ➡️    プロフィール



             院内のご案内    ➡️     院内の様子


  あおふじ整骨院は交通事故治療に重点対応
      交通事故のページ    ➡️     交通事故治療


            診療時間、料金、駐車場のご案内   

                                      ⬇️
                              ご利用案内


               ご質問やご予約のご相談
  
                                  ⬇️
                             お問合せ




 症状別のページ    ➡️    よく来院される症状  


 
 交通事故のトラブル等には法律事務所をご紹介します。

 当院と協力関係にある「泉総合法律事務所」はこちらから 
                  ➡️    泉総合法律事務所


 ブログを見た‥とお電話下さい。

 電話 049-236-3800


                                   Amebaブログ   

                                     エキテン