子供の飛び出し事故はなぜ多発するのか?行動と心理

 

 学校はもう夏休みに入りました。この時期は子供たちだけで遊びに出かけることも増えてくると思います。

 子供は急に道路に飛び出したり、何かに夢中になっていると周りが見えていなかったりと、大人とは違った行動をするため、ドライバーは注意が必要です。

子供の社会性

 子供は基本的に自己中心的ですが、色々な経験を積むことで7歳頃からその傾向が解消され、11歳頃に社会性が完成するといいます。


 小さな子供は自分勝手ですよね。大人からすれば理解しがたい行動をとりますが、それはまだ脳の各システムが未熟でコントロールが効かない状態だからです。

 
 自分の興味のあることにだけ集中していて周りが見えていないので、車の接近に気をくばることは出来ません。


 ですが、幼児は外出も保護者同伴があたりまえで、親や家族に守られています。


小学校低学年

 小学校の低学年になると自分で登校したり遊びに出たりするようになります。

 身体的に発達し自転車に乗って出かけたり、友達同士で行動することが増えてきます。しかし社会性ははだ未熟で、親に「車に気をつけなさい」と言われても何にどう気をつけたらいいのかよく理解出来ません。


 そのため、この頃から交通事故にあう確率が増えてきます。


小学校高学年

 小学校高学年になると社会的ルールや交通ルールが分かってきます。しかし、まだ原則的な理解にとどまるため、確認が不十分なままで横断するような行動も見られます。


 子供の交通事故で1番多いのが飛び出しで、突然物かげや路地から飛びだしてくる子供を避けるのは困難です。


幼児や児童の歩行者の特徴

 幼児や児童の歩行者の特徴として、

  • 見る行為が未熟
  • 交通場面で目立ちにくい
  • よく走るがうまく止まれない
  • 見る行為が情動から影響を受ける
  • 善悪の区別なしに大人の交通行動を模倣する

 などがあげられます。

 横断歩道での子供の事故は小学校低学年が1番多く、それ以降は急激に減少していきます。

 子供は大人の行動を真似して悪い習慣を身につけてしまうことがあります。 小さな子供と一緒の時には、親が正しい交通習慣を見せることが大切です。


まとめ

 歩行者事故の中で最も多いのは横断中で、ドライバーにとっては「まさか」と言う状況がほとんどです。特に社会性の未熟な子供は、大人が予測できないような行動をとるものです。スクールゾーンを走行するときは徐行を心がけ、飛び出しなども想定した慎重な運転が求められます。(参考文献  石田 敏郎著  交通事故学)



              ブログトップ  ➡️  あおふじブログ



    ホームページトップ  ➡️       はじめての方


   院長のプロフィール   ➡️    プロフィール



           院内のご案内    ➡️     院内の様子

  
 あおふじ整骨院は交通事故治療に重点対応
   交通事故のページ    ➡️     交通事故治療


            診療時間、料金、駐車場のご案内   

                                      ⬇️
                              ご利用案内


               ご質問やご予約のご相談
  
                                  ⬇️
                             お問合せ




 症状別のページ    ➡️    よく来院される症状  


 
 交通事故のトラブル等には法律事務所をご紹介します。

 当院と協力関係にある「泉総合法律事務所」はこちらから 
                  ➡️    泉総合法律事務所


 ブログを見た‥とお電話下さい。

 電話 049-236-3800


                                   Amebaブログ   

                                     エキテン