身体の痛みと心の痛み、脳にとっては同じ痛みです



 痛みの感じ方は人それぞれに違うため、外から見てもその痛みの程度を正確に知ることはできません。
 杖をついていたり足を引きずったりといった疼痛行動を見ても、本当の辛さは本人以外分からないものです。


 しかし、身近な人の痛みに共感したり、痛い場面をイメージするだけでも脳は痛みを認識していることが分かっています。

 病気や怪我などによって生じる身体的な痛みと、不安や悲しみによって起きる心の痛み。一見違うように思えますが脳にとってはどちらも同じ痛みです。


脳は痛みを共感する

 健常者16組のカップルを対象にパートナーの手に電気刺激を与える場面を見せて脳の活動を観察。すると、パートナーの脳内でも痛みの部分が活動していました。

 愛する人や身近な人が痛みを感じているのを見ると、その人の脳内でも痛みの部分が活動します。


痛みを想像するだけで

 脳にとっては現実も想像も区別がつかないため、痛みや恐怖を想像するだけで脳の痛みの部分が活性化しました。

 痛々しい場面や恐怖心を刺激する写真を見せて自分の身に起こっていると想像するだけで、脳の痛みの部分は活動します。


痛みに注目しない

 痛みについてくよくよ考えたり頻繁に話題にしたりする患者は症状を悪化させることが分かっています。

 
 脳は、現実と想像の区別がつかないため、痛みに注目している頻度が多ければ脳の痛みの領域は活発になります。


 痛みから意識を他に向ける練習をして少しずつ脳の癖を変えていきましょう。


 良くなったところや楽しい事に目を向けて脳を安心させることができれば、痛みは早く回復していきます。



        

            ブログトップ  ➡️  あおふじブログ



    ホームページトップ  ➡️       はじめての方


   院長のプロフィール   ➡️    プロフィール



           院内のご案内    ➡️     院内の様子

  
 あおふじ整骨院は交通事故治療に重点対応
   交通事故のページ    ➡️     交通事故治療


            診療時間、料金、駐車場のご案内   

                                      ⬇️
                              ご利用案内


               ご質問やご予約のご相談
  
                                  ⬇️
                             お問合せ




 症状別のページ    ➡️    よく来院される症状  


 
 交通事故のトラブル等には法律事務所をご紹介します。

 当院と協力関係にある「泉総合法律事務所」はこちらから 
                  ➡️    泉総合法律事務所


 ブログを見た‥とお電話下さい。

 電話 049-236-3800


                                   Amebaブログ   

                                     エキテン