腰痛の原因を特定するのは難しい

 年々増え続けている腰痛。日本においても4人に1人が腰痛に悩まされていると言われています。


 その原因は様々ですが、全腰痛の85%は検査をしても原因が特定できない、いわゆる原因不明といえます。

 ですが、人にとって原因がわからない痛みは不安であり不快です。そのため、多くの人は原因を特定してくれる病院を探し回ったり、子供の頃のケガや、昔病院で言われたことなどの記憶を探り関連付けようとします。


腰痛の原因は一つではない

 腰痛の原因は一つではなく様々要因が絡み合っています。多くの人はその事に目が向かず一つの原因を探ろうとします。

 例えば、腰痛があってMRIの検査を受け椎間板ヘルニアが見つかればこれが腰痛の原因とされます。しかし腰痛のない健康な人でも検査を受ければ、8割近くの人から椎間板ヘルニアが見つかります。

 つまり椎間板ヘルニアが腰にあるだけでは腰痛にはならない事が多いのです。椎間板ヘルニアが腰痛の原因とは言えません。


専門家によって見方は違う

 人は、自分の知識の中から自分が正しいと思う情報を取り入れ正解として理解します。自分の経験や知識の中から情報を選択して取り入れるため、物事の考え方や捉え方が偏ってきます。

 
 病院においての診断も同様で、その先生の経験や考え方によって診断が変わることもあります。


原因がわからなくても回復する

 腰痛の中にも緊急に病院での治療が必要な疾患もあります。ですがそれは非常にまれで全腰痛の1〜5%と言われています。

 腰痛のほとんどは普段通りに過ごしていれば自然に回復する安全な腰痛です。


 かえって原因を気にしていつも腰のことを考えていたり、完治するまでは無理に動いてはいけないなどとマイナスに考えてしまうと、ストレスによる脳の機能異常から痛みを鎮めるホルモンが低下したり、ストレスホルモンの増加から自律神経の乱れが生じたりと、新たな痛みを作りだすこともあります。


さいごに

 腰痛の研究も進んでおり、昔の常識が変わっていることもたくさんあります。昔から言われていることや、テレビネットの情報が正しいとも言えません。

 検査で見つかる骨や椎間板の異常も、それが本当に痛みとの関連性があるかは誰にもわからないことも事実です。


 ただ、これまでの腰痛に対する先入観を捨て、過剰に心配し過ぎず普段通りの生活をするのが慢性化や再発を防ぐのに効果が高いことが分かっています。



            ブログトップ  ➡️  あおふじブログ



    ホームページトップ  ➡️       はじめての方


   院長のプロフィール   ➡️    プロフィール



           院内のご案内    ➡️     院内の様子

  
 あおふじ整骨院は交通事故治療に重点対応
   交通事故のページ    ➡️     交通事故治療


            診療時間、料金、駐車場のご案内   

                                      ⬇️
                              ご利用案内


               ご質問やご予約のご相談
  
                                  ⬇️
                             お問合せ




 症状別のページ    ➡️    よく来院される症状  


 
 交通事故のトラブル等には法律事務所をご紹介します。

 当院と協力関係にある「泉総合法律事務所」はこちらから 
                  ➡️    泉総合法律事務所


 ブログを見た‥とお電話下さい。

 電話 049-236-3800


                                   Amebaブログ   

                                     エキテン