高齢者の交通事故を防ぐには

 近頃増えている高齢者の交通事故報道。鶴ヶ島市の広報でもこうした話題が取り上げられていました。


 高齢者特有の特徴としてこのように書かれています。

  • 身体機能の低下
  • 加齢に伴う視野の低下
  • 判断力の低下

 高齢ドライバーに対しては、運転免許証の自主返納を勧めています。


初心者ドライバー

 高齢ドライバーによる交通事故の報道が目立つこの頃ですが、統計上、全事故の3割以上が24歳以下のドライバーによって引き起こされています。


 運転経験と事故発生率には高い相関があり、経験3年未満のドライバーによる事故は毎年全事故の30%前後を占めます。


 年齢の若いドライバーほど、自分が事故に遭う可能性は低く他の若者より操縦技術が上だと自己評価する傾向にあるようです。


高齢ドライバー

 高齢者による交通事故でよく報じられているのが、アクセルとブレーキの踏み間違いや道路の逆走ではないでしょうか。


 冒頭に書いたように、高齢になるほど視機能、運動機能、反応時間の低下、判断の遅れなどの影響が増えてきます。


65歳以上の高齢ドライバーの特徴


  • 追突より出会い頭の事故が増える
  • 前方不注意が増える
  • ぼんやり運転が増える
  • ブレーキとアクセルの踏み間違いが増える

 統計上全体から見れば件数が多くないのは、おそらく心身機能の低下を自覚し、スピードを出さない、連続運転をしないなどの行動をとるからと考えられます。


 当院の患者さんからも耳にしますが、悪天候の日は運転しない、無茶な運転はしないなど、高齢者なりの交通行動があります。


さいごに

 同じ年齢であっても心身機能の衰えが少ない人がいる一方、自らの衰えを認めたがらない高齢者もいます。交通事故を減らすには、高齢ドライバーに限らず自身の運転能力を自覚して適切な運転や行動をとることが大切と言えます。
(参考文献  石田 敏郎著  交通事故学)



            ブログトップ  ➡️  あおふじブログ



    ホームページトップ  ➡️       はじめての方


   院長のプロフィール   ➡️    プロフィール



           院内のご案内    ➡️     院内の様子

  
 あおふじ整骨院は交通事故治療に重点対応
   交通事故のページ    ➡️     交通事故治療


            診療時間、料金、駐車場のご案内   

                                      ⬇️
                              ご利用案内


               ご質問やご予約のご相談
  
                                  ⬇️
                             お問合せ




 症状別のページ    ➡️    よく来院される症状  


 
 交通事故のトラブル等には法律事務所をご紹介します。

 当院と協力関係にある「泉総合法律事務所」はこちらから 
                  ➡️    泉総合法律事務所


 ブログを見た‥とお電話下さい。

 電話 049-236-3800


                                   Amebaブログ   

                                     エキテン