全身の体調不良でやる気がでない

 50歳代男性。


 2月前から全身の体調不良のため本日予約を取りたいとのことでしたが、予約の空きがないことをお話して症状をお伺いしました。



 全身の不調があり病院の薬で様子を見ているとのこと。


 単身赴任でこちらにいないため次に戻れる日が分からないことなどを伺いました。



 辛い症状があり次の予定も分からないといった事情でしたので、時間外に来て頂くことにしました。



 症状は、


  • 全体的にやる気がでない
  • 胸のつまり
  • ふらつき
  • 両腕の脱力
  • 朝気分が悪く、食欲がない
  • 肩こり


 診療内科で処方された薬で、少し改善してきているそうです。



 問診での内容から、会社のストレスから自律神経が乱れて様々な症状がでているのではないかと予想しました。



 会社のことをイメージしてもらいながら筋力テストをすると、力が入らなくなります。



 アクティベータで神経バランスを整えて再び検査をすると、良い結果を得られました。



 ですが、会社をイメージして頂くと身体にネガティブな反応が現れます。



 簡易的なEFTタッピングを指導して、初回の施術は終了しました。




 次に戻ってくる予定が分からないので2回目の予約はとりませんでしたが、後日、次の週末も戻ってくることにしたとの連絡をいただきました。



 2回目の来院時に様子を伺うと、ここ1週間で少しずつ体調が回復し気になる症状はなくなったそうです。



 ただ、会社で予定されている発表のことを考えると緊張してしまうとのことでした。



 前回と同じくアクティベータで調整したあと、ツボの図を見ながらEFTのやり方を練習しました。


 身体の緊張がとれて心の状態が良くなることがありますが、心理的な問題が解消されて身体の状態が良くなることもあります。


 EFTは心と身体のトラブルに対応できますので、日頃から習慣的にやることをお勧めしています。