緊張すると痛くなる肩、腰、足の症状

 40歳代女性。


  肩、腰、足の痛みが1年以上続いているそうです。



 最初に問診票を書いてもらい負傷原因を確認すると、


「緊張すると痛くなります」と書いてありました。


 〝緊張して胃が痛くなる〝とか〝緊張すると肩がはる〝といったことは聞いたことがあると思いますが、緊張による痛みが全身のどこにでも生じることは、まだあまり一般的ではありません。


  今まで行っていた接骨院でも、「肩の痛みはここで何とかなるけど、足の痛みはあなたが怠けてるせいだから運動しなさい」と言われたそうです。


 
  1年以上も通院していた接骨院でしたが、言われた言葉がショックでそこに行くのはやめたそうです。


自律神経の乱れ

 慢性症状が良くならない原因は様々ですが、その1つとして考えられるのがストレスなどによる神経の乱れです。


 患者さんは、腰、肩、足の痛みの他に、


  • 頭痛
  • 不眠
  • めまい
  • 胃の痛み
  • 目の症状(まぶしい)


などの症状がありました。


 体の痛みも含めたこれらの症状は、自律神経の乱れが関係していることがあります。


感情の問題

 患者さんは緊張しやすいタイプで、怖い映像を見たり外に出るだけでも緊張してしまうそうです。


 緊張した瞬間に身体に痛みが生じ、


 外出した次の日はぐったりと疲れて動けなくなってしまいます。



 整骨院の先生には「なまけてる」と言われましたが、このような状況を根性で克服しようと思ってもどうにもならない時があります。


 例えば健常者でも、「健康のために朝運動した方がいいですよ」と言われて、確かにその通りだと思っていても、実際に早起きしてジョギングなどを始められる人は少ないと思います。


 そして、多くの人はその事を「なまけている」と批判することもないでしょう。


 人によって基準は違いますが、その時のコンディションによってやろうと思っていてもできないことがあるのではないでしょうか?


自分や相手の扱い方

 「〇〇しなければいけない」「〇〇すべき」といった命令、義務がある時には、その事に対する抵抗が生まれます。


 自分に厳しい人は、本当は休息や気楽さを求めていても、「やるべきことをやらない自分」を責めて罪悪感を抱かせればきっと良くなると信じています。


 同じく「やるべきことをやらない相手」に対しても、同じように責めたり罪悪感を待たせようとします。


 自分の不完全な部分を認めて許すことができなければ、自分と同じようにできていない相手も認めることはできません。


心と身体

 身体の痛みから次第に気持ちが落ち込むことがあります。


 そして、気持ちが落ち込んで身体の痛みが生じることもあります。



 初日はアクティベータで神経バランスを整え、身体がうまく働くように調整しました。



 施術直後から、良い変化をいくつも感じて頂けたようです。



 次回からは心理面の問題も一緒に見ていけたら、さらに良い結果に向かえると思います。