交通事故の被害者が知っておくべきこと

 先日参加した、「弁護士法人心」さんの勉強会の資料にあった内容から、交通事故被害者が知っておくべきポイントを書いてみます。


整骨院で交通事故の治療が受けられる。


このことは、交通事故にあった人を含め、ほとんどの人がご存知ないようです。


交通事故で痛めたとき、多くの人は整形外科に通院します。


当然、病院で検査を受け診断してもらう必要はありますが、病院での治療に加えて整骨院で治療を受けることのメリットは大きいと思います。


病院では、薬や湿布で痛みが自然になくなるまで経過を見るような治療ですが、


整骨院では、患部の筋肉をほぐす、血流を良くするといったいわゆる「施術」を受けることができ、病院だけの治療では期待できない効果を期待することができます。


整骨院での治療費も、過失がない限り加害者の負担となり、被害者様の負担はありません。


また、健康保険での診療ではなく自由診療でもその費用の支払いが受けられますし、通院している期間は、通院慰謝料が支払われます。


痛みが完治、または症状が固定するまでは治療を続けて下さい。


痛みがあるのに治療をやめてしまうと、ケガが完治したとみなされ、訂正な賠償や後遺障害の認定を受けられない恐れがあります。


また、通院の間隔が空いてしまうと、その時点でケガが治ったとみなされて、治療費の支払いが受けられなくなり、慰謝料などの賠償金もその時点までしか受けられなくなる可能性があります。


適正な賠償や後遺障害の認定を受けるためには、専門家に相談することが大切です。


交通事故に詳しい弁護士に相談することをお勧めします。
                          ↓
                 弁護士法人心