「脳に教えれば腰痛は楽になる」販売開始

私の著書、「脳に教えれば腰痛は楽になる」が出版され、

amazon等で販売開始になりました。

当院には、ぎっくり腰の人、何年も前からの腰痛が改善しない人など、
腰痛でお悩みの方が多く来院されています。

世の中には、腰痛にならない人、腰痛になっても順調によくなっていく人がいる一方、慢性腰痛が良くならない人もたくさんいます。

それぞれの違いはどこにあるのでしょうか?

その原因が一般的に知られていないことが、人の心理やそれに伴う行動にまで影響を与え、痛みを強くする仕組みがあります。


脳、神経の働き、血流、脳内物質、また、それらに関係する感情について本書の中で述べています。



目次

第1章 腰痛患者の感情

第2章 先入観が腰痛をつくる

第3章 不安が痛みを引き起こす

第4章 腰痛が慢性化しやすい人の思考パターン

第5章 感情と向き合う

第6章 プラスに考える効果

第7章 心と痛みを癒す方法

第8章 感情を出して心を癒す



本書は、痛みの原因の多くは身体の構造異常にはなく、内面にある心の状態、それに伴う身体反応、または脳の機能異常が関係しているという、現在世界で一般的になってきている科学的な考えを元に書かれています。



どこに行っても改善していない痛みを抱えている人はもちろん、心理的な問題にお悩みの方にもお読みいただきたいおススメの1冊です。



amazon楽天、または当院でも販売していますので、是非一読していただき、皆さんの生活が良い方向へと進み、元のように動ける身体に返る一助となることを願っています。


あおふじ整骨院 院長
青葉 秀樹