感情

感情 · 30日 4月 2019
70歳代女性のお悩みは、たまにお腹が痛くなることです。 胃腸科で相談しても解決せず、それが1年以上も続いているということです。 痛みは、いっときなので我慢できますが、原因がはっきりしないため、「悪い病気かもしれない」と不安でしょうがないそうです。 「別の病院でも意見を聞いてみたらどうですか?」...
感情 · 01日 4月 2019
今日から新年度が始まります。 入社、引越し、部署の移動など、環境が新しくなる人も多いのではないでしょうか。 それに伴うのが、新しい生活に対する不安だと思います。 人は、環境の変化が苦手ですから、今のままは安心、新しい事は不快で恐怖です。...
感情 · 20日 2月 2019
職場の人間関係、ご近所付き合い、学校での友人関係など、人間が抱えるストレスの多くには「対人関係」が関わっていると言われています。 その中でも、身の周りに気にいらない人がいて、「その相手を変えたい、変わって欲しい」という悩みが多いようです。 でも、他人を変えることは非常に難しいものです。...
感情 · 22日 10月 2018
本日来院された2名の方は、緊張しすぎることにお悩みでした。 1人は高校生のA君。 学校の実習の時に緊張して頭が真っ白になり、ミスをしてしまうそうです。 もう1人は、営業の仕事をしているBさん。 仕事のノルマに対するプレッシャーに悩んでいて、決まった条件で、動悸、頭痛、全身のこわばりなどが生じます。
感情 · 06日 6月 2018
先日、50歳代男性の患者さんがこのようなお話をされていました。 友人と食事をした時に将来に対する不安について相談をされたそうです。 その方は、高額の住宅ローンが残っており、会社をリタイヤした後支払いをしながら生活をしていけるかを考えて不安になるのだそうです。...
感情 · 09日 5月 2018
過去にひどい痛みでつらい思いをした経験がある人は、 「またあの時のような強い痛みになるのではないか」と、 不安や恐怖の感情を持つようになり、通常よりも痛みを強く感じることがあります。 痛みやつらい経験は脳に記憶され、その記憶とともに不快な感情は再び現れます。 そして、その感情はその人の行動にも現れます。...
感情 · 07日 3月 2018
相手が自分よりも幸せに見えたり上位に見えたりすると、「あの人ばかり」「悔しい」といったネガティブな感情が生じることがあります。 例えば、同僚が会社で評価され出世し、素敵な彼女までいると分かったとき、 「自分も今より頑張ってあいつを追い越そう」と思えるのなら、これは良い妬みといえます。...
感情 · 01日 9月 2017
昨日はEFTの勉強をしに都内まで行ってきました。 内容は、言語と非言語について。 言語の部分は思考を使って相手に気持ちを伝えたり、 頭の中にあっても言葉にして表現できる部分。 普段から意識している理性的な大人の部分といえます。
感情 · 30日 8月 2017
感情さんに「何かストレスはありますか?」と尋ねると、 「ストレスはありません」とお答えになる方が多いようです。 大抵の人は、感情の部分には触れて欲しくないと思っており、 嫌なことは忘れたり、感じないようにする癖がついています。 しかし、向き合うことを避けることによって感情は抑圧されます。...
感情 · 21日 8月 2017
激しい腰痛に襲われたとき、「どうして痛めてしまったのか?」「どうしたら治るのか?」といった様々な考えが頭に浮かぶと思います。 人は痛みが生じたとき、思考を駆使して対策法を探ります。 その時心では、心配、不安、恐怖といった様々な感情が生まれています。 「病院に行くほどではないけど、悪い病気だったらどうしよう…」...

さらに表示する